B型肝炎給付金請求

B型肝炎ウイルスに感染してしまうとB型肝炎になってしまうのですが、B型肝炎が発症するとさまざまな症状を引き起こします。また、B型肝炎から肝硬変などに進化してしまうこともありますし、時には命に関わることもあるため楽観視できません。

B型肝炎ウイルスに感染してしまう理由はいろいろ挙げられますが、幼少期に集団予防接種を受けたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった、という方もいます。現代の医療ではまずありえないことですが、昭和23年から63年頃までの予防接種では注射器が使い回されることがよくありました。

今でこそ高度な医療レベルを保持する日本ですが、その頃はまだ感染のリスクなどそこまで認識できていなかったのです。そのため、多くの人が集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染することになります。その過失を国が認め、感染者に給付金を支給する制度を制定しました。

これがB型肝炎給付金です。B型肝炎給付金を請求するには、自分が本当に集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したということを証明する必要があります。そのために訴訟提起し、裁判によって審議を行うのです。

B型肝炎給付金請求を行うときには弁護士に依頼することがほとんどですが、ここでは弁護士に依頼するときの流れや内容などについてお伝えしたいと思います。

心当たりがある方、B型肝炎給付金請求を検討している方に有益な情報となるでしょうからぜひ読み通してください。

合わせて読む:相談内容と費用