弁護士への相談が必要

投稿日 by admin

B型肝炎給付金の請求を弁護士を介さずに行った、という方も実際おられるでしょうし、インターネット上でもそうした話は時々目にします。意外と知られていないかもしれませんが、訴訟そのものは誰でも起こすことができますし、何も弁護士の専売特許というわけではありません。弁護士は法律のエキスパートですし、裁判にも精通していますからスムーズに訴訟が起こせますが、その気になればずぶの素人でも訴訟は起こせてしまうのです。では、わざわざ弁護士に依頼などせずとも自分で訴訟を起こせばいいのでは、と思った方もおられるでしょう。

カルテ確かに自分で訴訟を起こすことは可能ですが、B型肝炎給付金訴訟にはさまざまな書類が必要になります。過去に集団予防接種で感染したということを証明する書類なども必要となりますし、それらをスピーディに収集しなくてはなりません。B型肝炎給付金請求は期限も決められていますから、あまり遅くなってしまうと請求そのものができなくなる可能性もあります。しかも、慣れない人が裁判の手続きをするとなるとそこでも時間をとられてしまいますし、何もかも後手に回ってしまうでしょう。こうした理由から、B型肝炎給付金請求は弁護士に依頼するべきなのです。